通勤時間に足やせできるのか挑戦してみた

通勤時間に足やせできるのか挑戦してみた

太もものむっちりが気になります。立っているときはまだ目立たないのですが、椅子に座ったりタイトなスカートをはくと、その脂肪の分厚さが出てしまいます。かといってジムやスイミングに通う時間もお金もない・・・。毎日決まった時間必ず必要なのが、通勤時間です。その時間に何とか足やせできないかと考えました。電車で片道35分往復で70分、足やせのためには筋肉を使うことが必要です。眠さと疲れで座席に座りたいのをグッと我慢して、立つことにしました。できるだけつり革や手すりにもつかまらず(急停車などに備えて、すぐにつかまれるようにはしている)、足を踏ん張って揺れに耐えるのです。手持ちの荷物は網棚にあげて目線で荷物を見張りつつ、電車の揺れに集中しつつ、太ももの筋肉を使うように意識を向けます。

あまり足を広げて立つと周りの人に迷惑になるし、踏ん張りがききすぎてしまうため、上品な感じに立つのもポイントです。進行方向に向かって横向きに立っているとき、進行方向と同じ方向を向って立っているとき、体の揺れ方や足の踏ん張り方も違い、まんべんなく太ももにきいていると思っています。個人的な感想ですが、ヒールを履いていると太ももというよりはふくらはぎで踏ん張ってしまうようで、太ももの足やせには向いていないような気がします。ペタンコのバレエシューズを履いたほうが、安全面でも足やせ面でも良いようです。また、じゃっかん膝を曲げて腰を落とすと、さらに太ももに負荷がかかるような気がしてやっています。周りから変に見えていないかだけが不安です。

そのため今度夏になったら脚やせのエステに通おうか迷っています。
こちらのサイトで予習中です。
http://salon-repos.com
脚やせエステ安いrepos | 痛みなし体験コース充実のおすすめサロン


関連情報


プロフィール

わたしは、渋谷のIT企業に勤めるポンジョOBの普通のOL。 ちょっと普通じゃないとしたら、 少しだけメタボで毛深くて、女子力強めってことかな

タグクラウド

私のオススメ